漢方治療と血圧を下げるツボ

漢方による高血圧治療

漢方
高血圧に対する漢方治療も存在しています。降圧作用は西洋医学の薬より弱いですが、副作用が少なく、ゆっくりとした効き目を持つためより自然な治療ができます。
西洋医学の薬と組み合わせることで、適切な血圧コントロールを実現することができるでしょう。血圧のみを目的とせず、全身の調和を良好に保つことを目的として漢方を使うようにします。

代表的な漢方薬を挙げます。

大柴胡湯・・・頭痛、肩こりなどに処方される漢方薬
三黄瀉心湯・・・赤ら顔、のぼせに効果がある漢方薬
桂枝ぶくりょうう丸・・・冷え性や更年期障害に効果がある漢方薬。めまいや肩こりにも効果がある。
釣藤散・・・動脈硬化がある人、頭痛に効果がある漢方薬。高血圧に伴う肩こり、目の充血などにも効果がある。
柴胡加竜骨牡れい湯・・・神経過敏、肩こり、イライラに効果のある漢方薬。精神的な興奮、いらだちの安定に役立つ。

漢方薬は、高血圧をターゲットとして確実に効く薬とは言えません。ただ、全身の体調管理のため、漢方薬を上手に使うことで血圧異常以外の病気の発症を予防することにもつながります。
冷え症や、のぼせなど、代謝の善し悪しに不安のある方は漢方をためすメリットは大きいかもしれません。漢方の特性を活かし、全体的な体調管理を目的として使うようにしましょう。

血圧を下げるツボ

血圧が下がるツボというのは医学的に証明されていません。ただ、ツボ押しやマッサージはリラックス効果により交感神経の興奮を沈めて血圧を下げる効果が期待できます。
さらに、高血圧の人に合併しやすい肩こりや頭痛の緩和に役立ちます。とくに、緊張性頭痛とよばれるストレスや疲労に伴う頭痛に効果的と言われています。
緊張状態は、高血圧にとってもよくない状態ですので、ツボ押しやマッサージを日々行うことで体調をよい状態に維持することが勧められます。

頭痛には

百会・・・頭のてっぺん、両耳と鼻の延長線が交わる点に位置します。指の腹を当て、下方に向けて心地よく感じる強さで押します。
天柱・・・首の後ろにある筋肉の外側で、髪の生え際を刺激します。親指の先をツボに当て、残りの指で頭を包むようにして頭部の自重を親指で支えるような体勢で強めに刺激します。
風池・・・天柱ツボのさらに指1本分外側にあるくぼみに位置します。

首の凝りには

完骨・・・耳の後ろ側にある骨の膨らみの下の部分から指1本分上に位置します。指に頭の自重をかけ、指も上に押しこむ要領で刺激します。首筋全体をマッサージするとマッサージ効果がアップします。

眼の疲れには

睛明・・・目頭と鼻の付け根の骨との間に位置
承泣・・・瞳の中心の下で、骨の縁にあるくぼみに位置します。

以上のようなツボが有効とされています。

ツボ押しと同時に、リラックス効果のあるマッサージを行うとより良いでしょう。肩や首の凝りをよくほぐし、背骨周りの筋肉もほぐします。
マッサージは入浴のあとに行うのが良いとされています。血行を良くし、心も体もリラックスした状態でマッサージとツボ押しを行いましょう。

このように時間をかけて、落ち着く時間をとることは大事です。血圧は運動時に上昇し、休息時に低下します。
ツボ押しやマッサージを実践しながら意識してリラックスした休息をとることは血圧の低下に役立ちます。